MENU

 衝撃の展開だったことを言うまでもないと思います。
ものすごく一生懸命お願いされちゃって、押され気味で彼女をアパートに連れて帰りました。
何だか僕の方が緊張しちゃって、硬くなっていたようでした。
彼女にシャワーをさせてあげて、自分が使っているベッドを与えて寝かせてあげました。
自分は床で布団をかけて寝て、翌朝はトーストと目玉焼きを作り、彼女に食べさせてあげたんです。
とても感謝されたし、素敵な笑顔を見せてくれました。
「神待ちで、体を求めてこなかったの初めてだったから驚いちゃった」
地味な自分にはいきなり女性の肉体を求めるような事など出来ないだけだったんだけど、何だか感謝されて照れてしまいました。
結局、彼女は暫くは一緒にいる事になりました。
その間ずっと彼女の身の回りの世話をしてあげたり、食事を食べさせたりしてあげたんですが、4日目になっていきなり抱きついてきました。
「こんなに体を求めない人を始めて、凄く感激しているよ」
そう言いながらキスを始めました。
あまりの流れについて行けなくて驚くばかり、でも若くて可愛い女性にくっつかれてペニスの方は反応していました。
彼女にズボンを下げられて手コキやフェラのお見舞い。
僕も知らない間に彼女の身体を触って、女性の肉体のエロチックな感触を楽しんでいました。
本当にこんな形でセックスをすることができるなんて、ただビックリするばかりでした。

とってもエッチな関係を作ることが出来て、彼女の中でたくさんの快楽を与えてもらいました。
1週間ぐらい一緒に暮らしてから、一度彼女帰ったんです。
「やっと彼と別れる決心がついたよ!ありがとう」
これで彼女ともお別れなんだなと思ったのですが、頻繁に連絡がやってくるし、たまに遊びに来るようになっています。
いつの間にかセフレという関係を作ることになって、今では女子大生の肉体で思いっきり性的な楽しみを味わっています。
まさかセフレと言うような形で付き合いをすることができるなんて、自分の人生ではあり得ないものでした。
出会い系サイトを利用して知り合った神待ちの女子大生、とても可愛いしエッチは上手だし、自分になついてくれるし、とっても素晴らしい関係を今楽しめています。